RED CARPET PROJECT

<活動目的>

    椿を軸として、美しい景観の創造と雇用創出や人材育成を産官学連携して行い、
持続的で循環する地域社会を陸前高田市で構築していきます。
    そのために、被災した嵩上げ土地につくる大きな椿畑と市民活動の作業場を中心として、活動を実施していきます。

<主な活動内容>

✓市民がやぶ椿を持ち寄りながら、継続的に実施する土地の造成(整備)植樹活動及び植樹イベントを行うことで、広く市民が椿をより身近に感じる活動を実施します。

✓椿畑から採取した葉や小枝、実や花等を作業所にて一次加工し、ひきこもり・高齢者・育児や介護で時間制約のある主に女性に対する就労支援活動を実施します。

✓椿を原料などにした商品や関連サービスのインキュベーション施設としても、この作業場を活用すると共に、そのための人材育成プログラムを実施します。

✓椿をテーマにしたコンテストや催事の企画、実施、表彰などを行い、イベントに市内外から人が訪れることによる交流人口が増加する活動を実施します。

「椿」を軸に被災土地を産学官連携の新拠点へ

陸前高田市と一般社団法人レッドカーペットプロジェクトが
6次産業の推進に関する連携協力協定を締結

一般社団法人レッドカーペットプロジェクト(所在:岩手県陸前高田市 代表理事 高橋和良)と岩手県陸前高田市(市長 戸羽太)は、陸前高田市高田町の被災低地部を活用し、地域資源である椿等の6次産業化を推進する取り組みに関する連携協力協定を 7 月 15 日に調印しました。

プロジェクト PV

活動風景

みんな 作業 椿 椿茶

メンバー

高橋 和良
代表理事
株式会社バンザイ・ファクトリー 代表取締役
岩手県紫波郡矢巾町出身。
    システム開発会社をオーナー企業として創業し、IPO目前にM&Aで引退。夢だった木工職人の道に入る為盛岡市にて株式会社バンザイ・ファクトリーを創業。震災翌年の2012年に陸前高田市に移住。自宅と工場を建築し今日に至る。趣味はフライフィッシングとワイン。
渡邉 さやか
理事
株式会社re:terra 代表取締役社長
一般社団法人AWSEN 代表理事
長野県出身。
    2007年外資系コンサルティング会社入社。2011年6月に独立し、陸前高田で採れる椿油を使った気仙椿化粧品の開発・販売を行う。その他、現在は地域企業の支援や海外でのBoP/SDGsビジネス事業構築、アジア女性社会起業家支援に尽力している。日経ソーシャルビジネスアワードアドバイザー、長野県立大学非常勤講師など。慶応大学SDM博士課程在学中。
伊藤 英
理事
KAMIKIRISALON ひみつきち 代表
岩手県陸前高田市出身。
    2011年3月11日被災者となり、翌2012年3月一般社団法人SAVE TAKATAに入職。バンザイファクトリー高田工場の水質改善や陸前高田の物産品を首都圏で販売する活動を行う。古民家リノベーションや地元学校での教育支援講義等も実施。2015年東京に修行に出る。2019年5月、KAMIKIRISALON ひみつきちを陸前高田市にオープンした。
吉田 雪希
理事
岩手大学 人文社会学部在学(2年)
岩手県陸前高田市出身。
    小学校5年生の時被災者となる。郷里への思いが強く、バンザイファクトリーでのアルバイトをきっかけに、学生ながらレッドカーペットプロジェクトの設立に参画する。様々な地元の活動に参加し、経験を積んでいずれは陸前高田に戻り地元の為に動きたいと思っている。また、震災で支援を受けた恩を忘れず、復興につながる仕事をしたいと日々修行中。
早瀬 渉
理事
株式会社ラポール・ヘアグループ 代表取締役
岐阜県出身。
    2000年に24歳で、日本初のクイックメイク専門サロン「アトリエはるか」を創業。同社事業譲渡後、32歳でモッズ・ヘアジャパン入社。1年後、役員就任。東日本大震災を機に美容業界の発展に寄与するため同社を2011年4月に退社。同年7月に株式会社ラポール・ヘアグループを設立。2013年7月「第27回人間力大賞 復興創造特別賞」受賞。年9月「第27回人間力大賞 経済産業大臣奨励賞」受賞
吉田 直貴
理事
株式会社DSYサービス 代表取締役
岩手県盛岡市出身。
    岩手県立盛岡工業高等学校情報技術科卒業。のち、株式会社DSYサービス創業。地元の良いものを全国に届けたい、という思いからDSY selectを創業。バンザイ・ファクトリー高橋社長と知り合い、その想い、思想に深く感銘を受ける。現在はオンラインでの活動を広げている。座右の銘は「文句があるならじぶんでやれ。」

お問い合わせ

一般社団法人レッドカーペットプロジェクト
事務局
e-mail:info@rcp.life