私たちは、東日本大震災の津波で被災し、
未活用のまま残された土地に
椿を植えていく活動をしています。

椿マインドと三陸椿物語

椿マインドと三陸椿物語

岩手三陸、大船渡市と陸前高田市の「市花」は椿です。
2011年3月11日、大地震と共に津波がやって来ました。
その津波をかぶっても負けずにたくさんの椿が生き残り、2012年の春に強く花を咲かせました。
椿は他の樹種よりも地中深くに根を生やす性質です。その性質から何倍、いや何十倍もの生育時間を要します。
しかし一旦根を深く張った椿は、強い木になり自然災害にも強くなります。

椿の原産国は日本です。
岩手県大船渡市には1,400年も生きている三面椿(天然記念物)があります。
これは世界最古の椿と言えるでしょう。それが三陸岩手、大船渡市にあるのです。

地質学的な調査で東日本大震災の時よりも大きな津波が3度は来ていると考えられており、
この三面椿は3度海中に沈んだ事となっています。それでも生きながらえました。

私達人間も時間がかかっても、年数がかかっても、深く根を生やして、
人生の荒波に耐えて、誇りを持って生きたい。
そんな思いを持ったのが三陸椿物語でした。
この椿のような生き方を合言葉にしました。

“椿マインド”

落ち込んだ時、苦しい時、辛い時、頑張ろう。
心の中で三陸椿物語を思い出して、椿マインドで行こう!と。
みなさまの心の中にも椿マインドの根を生やして頂けたら幸いです。

椿の花言葉 「控えめな優しさ」「誇り」「謙虚な美徳」

三陸椿物語

プロジェクトについて

応援してくださる方へFor supporters

RCPの活動にご賛同いただける企業様、個人の方へ、植樹体験や苗木をご購入いただくなどの様々なご支援メニューをご用意しております。